複合機を導入した場合のメリット等

複合機とは、コピー機やプリンター、スキャナー、ファックスなどの機能がすべて備えたオフィス用品です。以前は、コピー機、プリンター、スキャナー、ファックスなどを個別に購入していましたが、複合機を1台購入すればすみますので、機器の購入に要する費用やその後のメンテナンスの費用も全部購入するよりも安く上がりますし、設置するスペースも1ヶ所ですみますので、経済的にも、面積的にも効率的です。その一方で、ある機能を使っている場合、別の機能を同時に使用できず、待ち時間が発生してしまいます。また。万一呼称してしまった場合、コピー、プリンター、スキャナー、ファックスのすべての機能を利用できなくなってしまいますので、この点についてはあらかじめ対応策を考えておく必要があります。機器については、購入する場合もあれば、レンタルする場合もありますが、いずれの場合でもランニングコストは発生しますので、メンテナンス契約を結んでおく方が必要です。

複合機のレンタル契約のメリット、デメリット

コピー複合機をレンタル契約によって導入する場合のメリット、デメリットとしては次のようなものが挙げられます。まずメリットとしては、短期契約ができること、解約するタイミングが自由なこと、導入時の業者による審査が無いこと、減価償却や固定資産税が発生しないことなどです。一方、デメリットとしては、リース契約よりも毎月の支払額が割高になること、機種やモデルを選ぶことができないこと、中古品でしかも旧型のものしか使えないこと、搬入や搬出のために別途費用がかかることなどがあります。リースにするかレンタルにするかを判断する基準としては「利用期間」が大きな目安になります。具体的には、利用期間が3年以上ならリース契約、3年以内ならレンタル契約をするのがおすすめです。短期契約に向いているのがレンタル契約の一番の特徴なので、そのメリットを活かせるような利用方法を選ぶことが大切です。

複合機をリースから利用する利点

複合機はリース会社を利用して導入することができます。自分で複合機を購入することに比べると、どのような利点があるのかを抑えておきたいところです。リースを利用する場合、これは商品をリース会社が購入することになり、月額料金としてリース会社にお金を支払うことになります。要するに大きな資金がなくても、リース会社が代わりに代金をまとめて支払ってくれるので、初期費用を抑えることが出来る利点があります。また、毎月一定の料金を支払えば良いだけなので資金管理をしやすいことも利点です。性能が良い複合機を導入したい時にまとまった資金を用意出来ないなら、リース会社を利用してみてはいかがでしょうか。初期費用をしっかりと抑えることが出来るので、自社で購入する場合とは異なる利点があります。上記を参考にして判断してみて下さい。