リース複合機の3つのデメリット

リース複合機はメリットがありますが、逆にデメリットもあります。正しく、リースを利用するのが最適かどうかを判断するためにも3つのデメリットを抑えておいて下さい。まず、1つ目のデメリットは所有権がないことです。自分で購入するわけではないので、所有権はリース会社となります。2つ目のデメリットは基本的に途中で契約を解約出来ないことです。最後まで残積を支払う必要があります。もし、途中で解約をしたいなら残りの支払額を一括で支払う必要があるので、こうした結果になるのであれば最初から自社で複合機を購入しておく方がメリットが高くなります。3つ目のデメリットは総額の金額が購入よりも高くなることです。これは商品代金以外にも金利や保証料金から費用が高くなります。こうした3つのデメリットをしっかりと覚えておいて下さい。

リース契約の複合機に対する考え方

リース契約の複合機を検討している場合、これは考え方をしっかりと抑えておきたいところです。まず、前提となってくることは長期利用であることです。これを前提としておき、購入するのかリース契約にするのかを考えましょう。次にお金があるのかどうか、これも考慮しておかなければなりません。リース契約なら初期費用を抑えることが出来ますが、購入なら資金をしっかりと用意しなければなりません。資金をしっかりと準備出来るなら、費用に関しては購入しておく方がお得となります。リース契約は初期費用を抑えられる反面として、契約満了時までの総支払額が高くなります。上記のように購入かリース契約か、どちらの方が良いのかを考える時は長期利用を目的として、今の資金繰りを考慮しながら判断していくことが大事です。失敗を避けるためにも覚えておきましょう。

リースの複合機はリースの仕組を理解しておきたい

複合機をリース契約するなら、その前にリースはどのようなシステムなのかを理解しておくことが大事です。リース契約というのはリース会社が複合機を購入して、その製品を自社に導入するという流れになっています。要するに購入するのはリース会社でリース会社が購入した製品を借りるような形となります。しかし、レンタルとは別物です。レンタルは好きなタイミングで解約出来ますが、リース契約は契約満了まで基本的に解約出来ません。リース契約のメリットとなるのは主に2つあります。まず、リース会社が商品を購入するので初期費用がゼロでも導入出来るメリットがあります。次に毎月の支払額を経費として計上出来ることもメリットです。もし、リース契約から複合機を導入するのであれば、上記のようなリースのシステムを理解しておき正しく判断するようにしましょう。