ホーム > 日本酒のランキングについて > 女性から好まれる日本酒とはどんなもの

女性から好まれる日本酒とはどんなもの

 女性にしてみれば、大吟醸やら純米吟醸などの日本酒の名称が色々とある中、何を参考(指標)に日本酒を選んでいるのでしょうか。
やはり、日本酒のラベルに記載されている説明であったり、ランキングなどではないでしょうか。
日本酒も製法により区分されており、精米歩合と麹歩合、そしてアルコール添加量により異なっています。
よく見聞きする日本酒の【大吟醸酒】になるのは、精米歩合50%以下・麹歩合15%以上・若干のアルコールを添加しているようです。
【純米大吟醸】になれば、アルコールを添加していないのだそうです。
もちろん、飽くまで製法や原料により区分されているものであり、味の評価やランクの位置づけとは全く関係していません。
あくまで、ボーダーライン(区分)だけの内容ですから、やはりラベルチェックは重要ではないでしょうか。

 純米を選ぶ人にとっては、強さ・まろやかさで選んでいる意見を耳にします。
大吟醸を選ぶなら、深みがありながらものど越しが軽いものがおすすめです。
本醸造は、深いコクとまったりした濃醇な味わいを好む人におすすめで、口の中にはうま味がまんべんなく広がるといいます。
また、酒屋やコンビニ、スーパーなどでも気軽に購入できるものの、どこで日本酒を飲む機会が多いのでしょうか。
会社員などは接待という酒場で飲む機会が多いようですが、今や、日本酒バーなども展開されています。
酒場を放浪する番組などの影響力もあり、女性1人でも気兼ねなく入れる雰囲気の居酒屋も増えています。
そこで提供されるメニューには、日本酒ハイボールがあり、女性のオーダー率も高いようです。
家飲みにも最適で、大吟醸に炭酸水さらに女性ならばライムを搾るだけでサッパリと飲むことができます。

 日本酒の味を決めるのは、原料米や水の種類、造られる土地の風土、造り手の技などの要因が幾重にもなって決まります。
ランキングでは、香りやうま味、みずみずしさなどから評価された日本酒が選ばれており、鼻を抜ける華やかな吟醸香であったり、フルーティーで芳醇な香りなどが高評価を得ています。
最近でいえば、ボトル缶の日本酒が出回るようになり、ボトル缶は原料の段階から造り方に気を配り、高性能のろ過装置で無菌充鎮を行っているようです。
火入れも割り水もしない生原酒であっても、常温での品質保持が可能になっています。
飲みきりサイズという量もポイントで、女性が選ぶ日本酒のランキングには180mlから200mlの飲みきりサイズのボトル缶がランクインしています。
アルコール度数も16度前後が人気のようで、女性にはやや甘口、男性からは辛口が好まれています。

次の記事へ